【ツールなしで簡単】ハイローオーストラリアをグッドマン法で攻略する方法【保存版】

ハイロー初心者
グッドマン法でハイローオーストラリアを攻略できるの?

そこで今回は、

グッドマン法とは何か?

グッドマン法で実際にハイローオーストラリアを攻略できるのか?

について詳しく解説していきます。

グッドマン法とは何か?

グッドマン法とは何か?
グッドマン法のルール
グッドマン法とは、取引に勝ち続ける限り(1倍・2倍・3倍・5倍)と掛け金を増やしていく取引方法です。
また取引に負けてしまったら、また1倍から戻ります。
掛け金を増やすのですが、上限は5倍までとなっています。

グッドマン法は言葉で解説しても理解できないと思うので、実際に表にまとめました。

グッドマン法を実際にハイローオーストラリアの(ペイアウト率:2,00倍)で使用した場合どの様になるのか見て行きましょう。

取引回数 掛け金 取引結果 ペイアウト
1回 1,000円 勝ち 2,000円
2回 2,000円
(前回の掛け金×2倍)
勝ち 4,000円
3回 3,000円
(前回の掛け金×3倍)
勝ち 6,000円
4回 5,000円
(前回の掛け金×5倍)
勝ち 10,000円
5回 5,000円
(前回の掛け金×5倍)
負け 0円
6回 1,000円
(最初の掛け金に戻す)
勝ち 2,000円

←スマートフォンの方は表を左右にスクロール出来ます→

この様に、取引金額を(1倍・2倍・3倍・5倍)と掛け金を増やしていきます。

そして取引に負けた場合は、最初の取引金額の1,000円に戻します。

グッドマン法とマーチンゲール法の違い

ハイロー初心者
グッドマン法ってマーチンゲール法とほとんど同じだよね?

グッドマン法とマーチンゲル法は確かに似た攻略法ですが、大きく違う点が存在します。

グッドマン法とマーチンゲール法の違い

  • グッドマン法→掛け金の上限は5倍まで。
  • マーチンゲール法→上限は存在せず勝つまで増やして行きます。

グッドマン法とマーチンゲール法は一見同じ様な攻略法と思われがちですが、しっかり理解すれば大きく異なるという事が理解してもらえると思います。

マーチンゲール法についても詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。

【実際に勝てるの?】ハイローオーストラリアマーチンゲール法について

2020年8月27日

グッドマンを使用するメリット

グッドマン法を使用するメリット

グッドマン法についてここまでで十分理解してもらえたと思いますが、実際に明確なメリットについて紹介します。

グッドマン法を使用するメリットは、投資金額が増えないという点です。

ハイローオーストラリアで取引を行っている際に、下記の様な状況になったことはありませんか?

  • どうしても勝ちたくて、大きな金額を取引金額に設定してしまう
  • 負けが続いて感情的になって、根拠のない取引で多額の取引金額を設定してしまう。

ハイローオーストラリアで取引を行った場合1度はこの様な場面に直面した事があると思います。

グッドマン法を使用していれば、この様な状況に直面した場合投資額を上げる事ができません。

グッドマン法には、この様なメリットが存在します。

グッドマンを使用するデメリット

グッドマン法を使用するデメリット

グッドマン法にはメリットが存在すると言いましたが、残念な事にデメリットも存在します。

グッドマン法のデメリットとは、勝ち越していても連敗してしまうと損失が出るという事です。

どの様な意味か実際に表にまとめましたので、ご覧ください。

グッドマン法を実際にハイローオーストラリアの(ペイアウト率:2,00倍)で使用した場合どの様になるのか見て行きましょう。

取引回数 掛け金 取引結果 ペイアウト 総利益
1回 1,000円 負け 0円 −1,000円
2回 1,000円 負け 0円 −2,000円
3回 1,000円 勝ち 2,000円 −1,000円
4回 2,000円
(前回の掛け金×2倍)
負け 0円 −3,000円
5回 1,000円 勝ち 2,000円 −2,000円
6回 2,000円
(前回の掛け金×2倍)
勝ち 4,000円 0円

←スマートフォンの方は表を左右にスクロール出来ます→

グッドマン法を使用した取引ですが、取引結果は3勝3敗で総利益は±0円です。

では次に下記の取引結果を見て下さい。

取引回数 掛け金 取引結果 ペイアウト 総利益
1回 1,000円 勝ち 2,000円 +1,000円
2回 2,000円
(前回の掛け金×2倍)
勝ち 4,000円 +3,000円
3回 3,000円
(前回の掛け金×3倍)
勝ち 6,000円 +6,000円
4回 5,000円 負け 0円 +1,000円
5回 1,000円 負け 0円 0円
6回 1,000円 負け 0円 −1,000円

←スマートフォンの方は表を左右にスクロール出来ます→

グッドマン法を使用して取引を行った結果3勝3負総利益は−1,000円でした。

どちらとも取引結果は、3勝3敗です。

最初に行った取引は±0円ですが、後に行った取引は−1,000円となっています。

つまり勝率が同じでも、連敗してしまうと損失が出てしまいます。

グッドマン法は使用すべきか?

グッドマン法は結論から言うと、状況に応じて使用すべきです。

グッドマン法を使用すべき状況とは、「トレンド」が強い時に使用しましょう。

まとめ

今回の記事で覚えておいて欲しいことは、下記の様になっています。

まとめ

  • グッドマン法とは、取引に勝ち続ける限り(1倍・2倍・3倍・5倍)と掛け金を増やしていく取引方法
  • グッドマン法を使用するメリットは、投資金額が増えない
  • グッドマン法のデメリットは、勝ち越していても連敗してしまうと損失が出る
  • グッドマン法を使用する際は、「トレンド」が強い時に使用すべき

グッドマン法をうまく使用して、ハイローオーストラリアで良い取引を行いましょう。

この度は当サイト「ハイローライブラリ」の記事をご覧いただきありがとうございます。

バイナリーオプションやハイローオーストラリアについて、詳しく知りたい方は当サイトの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です