【保存版】ハイローオーストラリアでの税金対策について

ハイロー初心者
ハイローオーストラリア取引での所得って経費になるの?

まず始めにハイローオーストラリアで稼いだ所得は確定申告する必要があります。

ハイローオーストラリアに関わらず、全ての業界で所得が多くなれば税金も比例して多くなります。

ですがハイローオーストラリアで利益を上げる為に使用した経費をきちんと計上する事で、実際の所得を下げる事ができ納めるべき税金が大幅に削減する事ができます。

今回の記事内容

ハイローオーストラリアで計上できる経費の条件

ハイローオーストラリアで計上できる経費の種類

この2点について徹底解説して行きます。

そもそもハイローオーストラリアは確定申告が必要?

そもそもハイローオーストラリアは確定申告が必要?

まず前提として、ハイローオーストラリアで利益を上げている場合、一定のラインをすぎると確定申告が必要となります。

確定申告をすべきラインは、

  • 1年間の利益を20万円以上上げている方:確定申告が必要
  • 1年間の利益を20万円以上上げていない方:確定申告は必要なし

ハイローオーストラリアの税金・確定申告について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

【2021年】ハイローオーストラリア税金・確定申告について詳しく解説【5分で理解】

2020年10月9日

ハイローオーストラリアで計上できる経費の条件

経費として計算しておいた物が、認められなかった場合きついですよね?

そこで経費として認められる為に、あるコツを紹介します。

経費として認められるためのコツ

  • レシートや領収書を管理しておく
  • 何の為に使用した費用なのか詳細をメモしておく

この2つのコツをしっかり行う事で、経費として認められないという事はなくなります。

ハイローオーストラリアで計上できる経費の種類

ハイローオーストラリアで計上できる経費の種類

ハイローオーストラリアで計上できる経費の代表的な物、下記の8種類紹介します。

クリックすると詳細までスキップする事ができます。

この8種類を紹介して行きます。

家や事務所などの家賃

ハイローオーストラリアの取引の際に使用している一軒家、アパート、マンション、事務所などの賃料の一部は経費となります。

ですがあくまで一部であって、ハイローオーストラリアに取引に必要とされる部分のみ認められます。

例えば、家賃12万円の部屋を借りていたとしましょう。
その内ハイローオーストラリアの取引を行っている部屋が1部屋だった場合、1部屋分に3万円が経費として認められます。

この様にハイローオーストラリアの取引に部屋のみが認められます。

パソコンなどの電気器具

ハイローオーストラリアで取引を行う際は、パソコン・タブレット・スマートフォンなどの使用する為その購入代金などは経費として認められます。

ですが、この様な電気機器はハイローオーストラリアの取引のみではなく、プライベートでも使用する事がでいる為基本的に購入費用の一部が経費として認められるパターンが多いです。

インターネット回線などの通信費

ハイローオーストラリアはインターネットを使用して取引をする為、インターネット回線・プロバインダー・WiFiのテザリング・スマートフォンのパケット通信料なども経費として計上する事ができます。

こちらも全てが認められる訳ではなく、どれくらい使用しているかが重要になります。

電気代

先ほども紹介した様に、ハイローオーストラリアで取引を行う際はパソコンを使用します。

その中で発生した電気代なども経費として認められます。

こちらも代金全てが認められる訳ではなく、1ヶ月の電気代から、どれだけの割合でハイローオーストラリアの取引を行ったかで決まります。

業者との打ち合わせなどに必要な費用

ハイローオーストラリアに関するサービスを取り扱う費用は、妥当な範囲であれば経費として認められます。

所持代など妥当な範囲であれば経費として認められます。

セミナーなどの勉強費

ハイローオーストラリアに関する勉強会やセミナーなどの費用ももちろん経費として計上できます。

基本的に受講費用や往復の交通費などがみてめられる対象となります。

勉強本などの費用

ハイローオーストラリアの勉強をする為に購入した勉強本などの購入費も経費として認められます。

備品などの費用

その他の備品も経費として認められます。

経費と認められる備品

  • ハイローオーストラリアの取引を行う際に使用する机や椅子
  • ハイローオーストラリアの情報を保存するルーターや周辺機器など

しかしこれはハイローオーストラリアに関する物だけなので、同じ部屋にあるオーディオ機器などは認められません。

また不必要に高額な家具なども認められません。

まとめ

今回の記事で覚えておいて欲しい事は、下記の様になっています。

覚えておいて欲しい事

  • 1年間の利益が20万円以上上げている人は、確定申告が必要です
  • 経費をきちんと計上する事で、納める税金を大幅削減できる
  • 経費として認められるコツは、領収書を取って行く必要がある

この度は当サイト「ハイローライブラリ」の記事をご覧いただきありがとうございます。

バイナリーオプションやハイローオーストラリアについて、詳しく知りたい方は当サイトの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です