【投資の基本】ダウ理論を理解してハイローオーストラリアを攻略する方法

ハイロー初心者
ハイローオーストラリアで取引を行う際、エントリーポイントがわからないで困っているんだ(泣)

ダウ理論を理解する事で、勝つ事の出来るエントリーポイントを理解することが出来ます。

ハイローオーストラリアで、勝ち続けて利益を増やしたい方はダウ理論を理解しましょう。

そこで今回は、

ダウ理論とは何か?

ダウ理論を理解する必要性

ハイローオーストラリアで勝つ為のエントリーポイント

について詳しく解説していきます。

ダウ理論とは何か?

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した市場の値動きを評価するための理論です。

チャールズ・ダウはダウ理論を唱えた事などから、テクニカル分析の先駆者の1人と言われています。

ハイロー初心者
投資で稼いでいる人は、必ずダウ理論を理解しているんだよね!

投資で稼いでいる人は理解している理論=相場の価格を投資家が参考にしている

と言えるため、ハイローオーストラリアで取引を行う際も理解しておく必要があります。

ダウ理論を理解する必要性

ダウ理論を理解する必要性は、大きくは下記の3つが挙げられます。

  • 投資で稼いでいる人はダウ理論を理解しているため、理解していないと不利になる
  • ダウ理論を理解して取引を行っている人が多いため、チャートに反映されることが多い
  • 過去のトレンド傾向がダウ理論にしたがっていることが多い

この3つの理由から、ハイローオーストラリアで取引を行うあなたもダウ理論を理解する必要があるのです。

ダウ理論の6つの法則

ダウ理論の6つの法則

ダウ理論は下記の6つの法則で形成されています。

クリックすると詳細までスキップする事ができます。

【重要】と表示している項目はとても重要なので、時間がない場合でも必ず読んでください。

【重要】平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能の事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり。その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

Wikipediaより引用

簡単に解説すると、市場の価格には経済統計から、自然災害などの予測不可能の事象が織り込まれています。

つまりチャートを見る事で、エントリーに必要な情報を全て知ることができるということです。

ハイロー初心者
チャートを理解するという事は、ハイローオーストラリアを攻略する第一歩と言えるね!

トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。

  • 主要トレンド:1年〜数年のサイクル
  • 二次トレンド:3週間〜3ヶ月のサイクル
  • 小トレンド:3週間未満のサイクル

このらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

Wikipediaより引用

つまりトレンドは期間によって、3つに分類されるという事です。

主要トレンドは3段階からなる

主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

  • 先行期:市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。
  • 追随期:市場価格の上昇を見て追随者が買い入れる時期。価格は、上昇局面にある。
  • 利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅に小さくなっている。

Wikipediaより引用

平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的指標が存在する場合、その両方に同じシングルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることが出来ないと考える。もっともシングルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸入するための鉄道が整備された時期であった。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した「ウォールストリート・ジャーナル」ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

Wikipediaより引用

簡単にいうと、複数の指標がある場合、両方で同じシングルが見られなければトレンドとして捉えるべきではないという考えです。

トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。
例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。

Wikipediaより引用

これはトレンドと出来高は比例の関係にあることを意味しています。

冒頭でも解説してように、ダウ理論は市場の値動きを意識して定義された理論なので、ハイローオーストラリアで取引を行う上でそれほど意識する必要はありません。

【重要】トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

この項目は重要なので、きちんと理解してください。

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

Wikipediaより引用

まずそもそもトレンドとは、何か?を理解しましょう。

トレンドは3種類に分類されます。

トレンドの3つの種類

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • 相場レンジ
上昇トレンド
下降トレンド
相場レンジ

トレンドを見極める上で1番重要なのが

「どこでトレンドで始まって、どこで終わるか」

その疑問を導いたのがダウ理論なのです。

押し安値と戻り高値について

押し安値と戻り高値について

では実際にハイローオーストラリアで取引する上で、良いエントリーポイントを見つける方法について解説して行きます。

そのためには、まず「押し安値と戻り高値」について理解する必要があります。

押し安値とは?

押し安値の解説

まず押し安値は、上昇トレンドで出現します。

詳しく解説すると、上昇トレンドにおいて切り上げた高値の起点となった安値の事を押し安値と呼びます。

戻り高値とは?

戻り高値の解説

まず戻り高値は、下降トレンドで出現します。

詳しく解説すると、下降トレンドにおいて切り下げた安値の起点となった高値の事を戻り高値と呼びます。

押し安値と戻り高値で分かる事

1つ覚えておいて欲しいことは、「押し安値」と「安値」、「戻り高値」と「高値」は区別されていると覚えておいてください。

「押し安値」と「安値」

  • 押し安値:前回の高値のラインを押し返して切り上げることに成功した機転の安値の事
  • 安値:前の高値を更新することが出来なかった安値の事
「戻り高値」と「高値」

  • 戻り高値:前回の安値のラインを戻すことに成功した機転の高値の事
  • 高値:前の安値を更新することが出来なかった高値の事

ハイローオーストラリアでのエントリーポイント

ハイローオーストラリアでのエントリーポイント

では、実際にダウ理論を利用したハイローオーストラリアのエントリーポイントを紹介します。

ダウ理論を利用したハイローオーストラリアのエントリーポイント
ダウ理論を利用したエントリーポイント
まず上記の画像の様に、「押し安値」のラインをDポイントが通過した事を確認してください。
その後再び上昇して「押し安値」に到達した場合「Lowエントリー」してください。

このエントリー方法はダウ理論を利用しており、勝てる信用性も高くこのエントリー方法を使用することをおすすめします。

まとめ

今回の記事で覚えておいて欲しいことは、下記の様になっています。

今回覚えておいて欲しい事

  • ダウ理論とは、チャールズ・ダウ提唱した理論
  • ダウ理論とは、6つの法則で形成されている
  • 「押し安値」と「戻し高値」を利用して、ハイローオーストラリアのエントリーポイントを見つけることが出来る

この度は当サイト「ハイローライブラリ」の記事をご覧いただきありがとうございます。

バイナリーオプションやハイローオーストラリアについて、詳しく知りたい方は当サイトの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です